サポのみでドラゴンガイア強の攻略方法,倒し方|動画あり|戦士+サポート仲間3名

公開日:2015/11/23
最終更新日:2016/07/28

SPONSORED LINK

※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

討伐モンスターリストで「みやぶる」をしていなかったので、グレン城のふくびき景品で「ドラゴンガイア強」を入手。その後、「みやぶる」をしたのですが、ついでにそのまま倒せてしまいました。

サポで以前行ってドラゴンガイア強は戦士では倒せない(2014/10)という記事を書きましたが、1年も経過すると、システムアップデートが進み、戦士でも倒せるようになっていました。

昔は120スキルまで(もっと前は100スキルまで)しか無かった頃が懐かしいです。本当にあの頃はボスが強かったです。

ということで、戦士で、サポでもかなり楽に倒せますので書いておきます

ドラゴンガイア強のポイント

ダメージ完全ガード
ダメージ完全ガードというのが「強」にはあります。ガイア強がズッシード状態になり、呪文も物理攻撃も零の洗礼も効かないわけです。

ただし、このときは、「魔道の書」「デュアルブレイカー」が効いているような状態なので魔法使いなら「ヘナトス」が効くのですが、魔法構成じゃないのでそんなの使いません。

とりあえず、待つのみです。

打撃完全ガード
問題ありません。サポ賢者が「零の洗礼」をしてくれます

呪文完全ガード
怒り時に使ってきますが、これもサポ賢者が「零の洗礼」で解決してくれます。

またこの時は打撃は効くので、「たいあたり」「チャージタックル」「真やいばくだき」をしましょう。

戦士で気をつけるのは「打撃完全ガード」の時に、真やいばくだき や チャージタックルをしないことです

お勧めパーティー構成

キャラを皆が操作するなら、パラディンの相撲とかあり、パラ、魔法、賢者、僧侶が安定しますが、サポのみであればそれはできませんし、サポでするソロプレイヤーやパラディン多分苦手ですしね。

1.戦士(自キャラ)
真やばいくだきの技巧は必須です。

オノでいきましたが、ドラゴン斬りや超はやぶさ斬りの極意があれば、片手剣+盾(ルフの盾のブレス錬金)でもいいですね。

盾があればブレスや打撃ダメージを減らせます。

2.賢者
杖ですね。「バッチリがんばれ」にしておきましょう。零の洗礼とドルモーア、ドルマドンです

3.僧侶
スティックですね。150の「女神の祝福」までマスターしている僧侶。

さくせん:いのちだいじに

4.ドラキー(ザオ)
魔法使いでも大丈夫ですが、サポのみならドラキーの方が安定します。

「まりょくのうた」で賢者と僧侶がパワーアップしますし、ドルモーア強力ですし、ザオもこなしてくれます

さくせん:ばっちりがんばれ

サポのみでドラゴンガイア強との戦い方


全般的なポイント
「たいあたり」を繰り返して、ガイア強の行動を減らします。蒼天魔斬より基本は「たいあたり」です。

完全に賢者とドラキーのための補助として、壁としてふるまいましょう。

チャージが貯まれば、即、「真やいばくだき」「チャージタックル」です。

ですから、「たいあたり」と「真やいばくだき」「チャージタックル」はコマンドが移動しやすいように同じページに配置しておきましょう。

まずは真やいばくだき
真やいばが入れば、死にません。

真やいばの技巧の宝珠はアカツキショウグン

真やいばが入っている間は、他のサポが攻撃を受けても大丈夫です。

鉄甲斬はあまり効きません
鉄甲斬が効くと、ボミオスができて楽なのですが、中々入りません。

バイキルトもないので、戦士の攻撃はあまり期待できません。というか期待しない戦い方がいいです。

「たいあたり」をうまく使えるかが、正直、戦士の腕のみせどころだと思っています。

通常攻撃として、たいあたりを多用する戦士になりましょう。サポで色々な敵を倒せるようになります。

心頭滅却
ブレス耐性を上げる為に、心頭滅却も


たいあたり重視で戦っていれば、賢者とドラキーが勝手に倒してくれます。


150スキルの実装もそうですが、「真やいばくだき」にダメージダウンが追加されたり、チャージタックルにスタン効果がついたり、たいあたりにもスタン効果がたまについたりと、戦士は本当強くなりました。


LV80、スキル120が上限で以前戦ったときの絶望感はまったくないですね。ほんと昔と比べるとDQ10の難易度はだいぶ下がりましたよね。


動画はこちら



↓良い記事だと思ってもらえたら、応援お願いします。記事更新の励みになります。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

 
SPONSORED LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ