サポで達人クエストの道具の使用を禁ずるの攻略方法

公開日:2015/11/07
最終更新日:2016/07/28

SPONSORED LINK

※この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

毎週日曜日に、「達人クエスト」を受注できます。

これは、ver3.1後期から「石版」を4つもらえて、石版ポイントを貯めることができるので、これだけでも小さなメダルを集めずに3週間に1回1穴開けられるようになります。

最初のうちは「必殺宝珠」をもらっておくと良いでしょうが、「妖精のポルカの閃き」「マジックルーレットの閃き」「お宝ハンターの閃き」「聖者の詩の閃き」「荒神の舞の閃き」などが3玉でも良いので手に入れば、後は、石版の穴を増やすことに力を入れるのも一つの手です
※必殺技の宝珠以外は、「宝珠の香水」や「きせきの香水」を使って手に入れます

達人クエストでたまにある条件「ただし道具の使用を禁ずる」に関して

そんな達人クエストですが、「パーティー全員道具の使用を禁ずる」というのが大体週に1個は入っています。

この対策に関してです。これさえ分かれば意外と難易度が下がります。
※サポート仲間だけで頑張ってるソロプレイヤーにとって難しいのが「迅速な~等の1分50秒以内」とか、「圧倒の~等で、一度も死なない事」です。

逆に道具の使用を禁ずるは楽になると思って下さい。

道具の使用が必要な場面
道具を使わなければいけない時は、二つです。

1.MP切れによるまほうのせいすい
2.仲間が死んだので、せかいじゅの葉


この場合「2」は正直簡単です。「ザオラル」が使えるのをサポで2~3職種雇えば良いのです。つまり、僧侶、賢者、旅芸人、レンジャー、歌スキルのある踊り子(よみがえり節)、魔法使い、杖の魔法戦士(復活の杖)です。

大事なのがMP切れ対策
MP切れの対策さえすれば、「まほうのせいすい」を使わずにクリアできます。

具体的には、以下の職種のサポを雇うか、自キャラが以下の職業をすればよいのです。

魔法戦士(マジックルーレットの閃き付き)
片手剣の魔戦が大体お勧めです。攻撃もできますしね。

マジックルーレットの閃き宝珠を持っているサポを雇いましょう。大体、達人クエストの戦闘中に1~2回は必殺技がでます。

でなくても、MPパサーで他のパーティーのMP管理をしてくれます

レンジャー(妖精のポルカの閃き)
オノのレンジャーがお勧めです。「ガンガンいこうぜ」で蒼天魔斬やオノむそうで、サクサク倒しますし、フェンリルアタックが防御力無視なので実は攻撃力が高いです。

ただし、絶対に妖精のポルカの閃きを持っているレンジャーを雇いましょう。

この「妖精のポルカの閃き」は数ある必殺技宝珠の中でも秀逸です。妖精のポルカ発動中は、HPも30回復し続けますので、強敵も倒せますし、MPも実はこれによって回復し続けます。

踊り子(歌スキル)
踊り子育成論でも話しましたが、踊り子は「うたスキル」が重要です。

その中で、「魔力のバラード」があります。これは攻撃時にMPが回復するものです。物理攻撃タイプであれば、魔力のバラードをすることで、MP切れを防ぐことができます
※バトマス、戦士

その他、自分でMP回復できる職業
賢者
 必殺技が発動すれば、MPが回復しますし、杖で殴れば少しだけ。杖で殴るのは期待してはダメなので、必殺の宝珠を持っている賢者ならMP切れは起こしません。
魔法使い
 魔料覚醒のマホトラです。「バッチリがんばれ」なら使ってくれますので、MP切れは起こしません
武闘家
 無念無想ですね。チャージが必要ですが、「バッチリがんばれ」ならどんどん使ってくれます
僧侶
 MPが切れそうになると「マホトラのころも」を使ってくれます。「バッチリがんばれ」ならスティックで殴ったりします
短剣の旅芸人
 ナイトメアファングを持っている旅芸人を雇えば、攻撃時にたまにMPを回復します。ハッスルダンスなどをあまり使わせなければ、攻撃重視の旅芸人なら、MP切れは起こしません

というところです。

お勧めは、「魔戦」か「オノレンジャーで妖精のポルカ付き」を雇うことです。

特に、オノレンジャーは意外と、MP切れ対策になるんです。エモノ呼びでの宝珠集めの時も魔戦がいなくても、ポルカ閃きレンジャーがいたら大丈夫なんです。「ザオラル」「ベホイム」もできますので、回復補助としても役立ちます。


こういうのを考えると、道具を使わずに~という達人クエストはサポでも楽な方ですよ。

↓良い記事だと思ってもらえたら、応援お願いします。記事更新の励みになります。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ

 
SPONSORED LINK

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ